青山OLつれづれ美容

ミネラルファンデーションお試しセット比較
アテニアのアイクリーム口コミ
湘南美容外科シミ取り口コミ
湘南美容外科の顔脱毛口コミ
MENU

【アラサーOL婚活レポ】恵比寿横丁での出会える歩き方

f:id:tsurezurebiyou:20200528205655j:plain


私は無類のエビ横好きである。

 

なぜかというと、先日のコリドー街の記事と同様に、エビ横もまた、無数の出会いがあるからである。

 

これまで婚活レポを2つ書いてきたが、

【婚活レポ】(自称)モテるアラサーOLがハイステイタスパーティーに行ってみた感想。口コミ - 青山OLつれづれ美容

【アラサーOL婚活レポ】コリドー街の現実。久しぶりに女2人でコリドー街に行ってみた感想。 - 青山OLつれづれ美容

 

私的に出会いの真剣度を示すと

 

【PREMIUM STATUS】 >超えられない壁>コリドー≒エビ横

 

である。 

 

なので、エビ横は、婚活での出会いを求めるよりは楽しく飲める相手探しに利用することが多い。

(あわよくば恋愛に発展したら最高だけど)

 

これまで何十回もエビ横に行った私が、エビ横で良い出会いをつかめる歩き方を指南しよう。

 

  

 

女性なら無料でハイスぺに出会える
バチェラーデート

エビ横の場所 

f:id:tsurezurebiyou:20210211002535j:plain
住所:東京都渋谷区恵比寿1丁目7

恵比寿駅より徒歩3分と非常に利用しやすい立地。

西口、東口どちらから出ても、距離はそんなに変わらない。

  

なぜエビ横はアラサー女性にオススメなのか?

f:id:tsurezurebiyou:20210210234337j:plain
 

  • 年齢層はコリドーよりエビ横の方が上な印象。多少落ち着いてる感がある。
  • ナンパしないと一緒に飲めないため、ミュ力のある男性が多い。
  • エビ横の中は蛍光灯に照らされ明るいため、顔や表情、服装が良くわかる

オススメの曜日

f:id:tsurezurebiyou:20210211012452j:plain

婚活目的なら、平日の半ば(水曜、木曜)に行くのがオススメ。

会社の同僚や上司に連れてこられて〜みたいな、棚ぼた物件にたまに出会える。

 

金曜はめちゃくちゃ混雑しているのと、土曜、日曜は遠方から来ている人も多いので、あまりオススメはしない。

エビ横の出会える歩き方を解説

エビ横は店が広くないため、大人数で行くと席が見つからないことがある。

なので私は女友達と二人で行くことを推奨する。

  

それでは、自作のエビ横の地図を見ながら、各ポイントを解説していこう。

 

f:id:tsurezurebiyou:20200528235551j:plain
今回は店紹介ではないため店舗数などは適当。

 

1、事前にメイク直し。

f:id:tsurezurebiyou:20210210234357j:plain

まず、2軒目でエビ横を利用する場合には、1軒目を出る際にメイク直しをしておく。

エビ横はかなり明るいので、歯に海苔がついてないように注意だ。

 

1軒目からエビ横直行の場合は、駅かアトレでチェックしておこう。

なぜこれほど見た目に気を配るかは後述する。

 

2、入口前は基本無視。

f:id:tsurezurebiyou:20210210234412j:plain

さあ、エビ横に入ろうか。と向かっていると、入口前の路上にたむろしている男性たちからナンパされることがある。

 

彼らの目的は、酒ではなくである。

 

中の席に座ってしまうと、一定数の女性にしか会えないため、入口前で好みの女性をよりすぐっているのだろう。

 

良く言えば合理的だし、私が男性だったら同じことをしてしまいそうだ。

 

 

しかし、ちょっと待ってほしい。

 

 

もし入口前の男性にナンパされたら、相当タイプじゃない限りは、ついていかないでほしい。

 

なぜなら、入口前にいる人たちは比較的コスパ良く済ませようとする傾向がある。

それよりは、店内で飲んでいる人たちの方が、盛り上げ上手で丁重に扱ってくれる確立が高い。

  

彼らとは離れ、中に入ろう。

 

3、エビ横ファッションショー、始まる。

f:id:tsurezurebiyou:20210210234434j:plain 

入口を開けたら、そこからあなたのファッションショーが始まると思ってほしい。

 

良く言えばファッションショー。

悪く言えば、男性からの品評会だ。

 

なので、1のメイク直しで述べたように、見た目には気を遣って行こう。

 

通路を歩いていくと、男性からの視線がどっと集まる。

 

この時、視線に負けずに、お店を探すフリをしてキョロキョロしつつ、どんな男性がいるか確認しておこう。

 

積極的な女性の場合は、自分から声を掛けて、席が空いていれば一緒に飲んでもいい。

 

私のように積極的にいけない女性は、少し目を合わす程度にしておこう。

 

通路を歩く間、男性たちから声を掛けられるかもしれない。

 

その時は、相当タイプな場合を除いて「あの店に行きたくて、、」と、どこでもいいので、向こうの店を指して、一旦そこから離れ、ひとまず出口まで向かおう。

 

 

4、一旦エビ横を出よう。

f:id:tsurezurebiyou:20210210234451j:plain

出口まで行ったらそのままエビ横を出よう。 

しかし、まだ帰るわけではない。

 

入口前と同じように出口前にもたむろしている男性たちがいる。

 

彼らは入口前の男性たちと同様の性質だが、入口前に比べると圧倒的に隠キャが多い。

 

隠キャ好きならついて行っていいが、興味がない場合は立ち去ろう。

 

 

さて、出口まで来たけど「あれれ?誰にも声掛けられなかったぞ。」ということもある。

 

そんな場合でも、どうか安心してほしい。

 

往路では「私たちの存在」をアピールし、種を撒いただけだ。

 

ここはまだ折り返し地点。

 

箱根駅伝で言うと、芦ノ湖付近だ。

 

f:id:tsurezurebiyou:20210210235930j:plain

少し人の少ない場所に移動して、女友達と打ち合わせをしよう。

 

  • タイプの人はいたか?
  • 声をかけてきた人はどうだったか?
  • 入りたい店はあるか?

 

ある程度固まったら、もう一度さっきの出口に戻ろう。

 

5、【メインイベント】折り返そう。 

f:id:tsurezurebiyou:20210210234508j:plain

さあ、今度は出口から入ろう。

 

そして先程来た道を、お目当ての店が満席だった〜(泣)というていで歩く。

 

往路で私たちという種を撒いたおかげで、男性たちが「あ、さっき通ったあの子だ」となる。

 

そう。

再び男性たちにチャンスを与えるのだ。

 

 

尚、往路でのルールは<すぐについていかない>と言ったが、復路でのルールは<判断は素早く>で行こう。

 

 

もう、もったいつける必要はない。

 

この人たちとなら楽しそう!と思ったら一緒に飲もう。

 

エビ横にいる男性の見極めのポイント

f:id:tsurezurebiyou:20210210234805j:plain

声をかけてくる時に「あの、すみません。良かったら僕たちと飲みませんか?」と下から丁重に声を掛けてくれる人は大抵、気を遣ってくれるので楽しく飲める。

 

また、平日は男性の多くがスーツなので、素材が良かったり、綺麗に着こなしている人は一緒に過ごして楽しい人が多い。

 

逆に「ねぇねぇ、飲もうよー」みたいな感じの人は、雑な扱いを受ける可能性があるので、やめといた方がよい。

スーツに斜めがけ鞄の人がたまにいるが、センスを疑うのと大抵は面白くないのでやめておいた方が無難だ。

 

微妙な人と飲むことになった場合の対処法

f:id:tsurezurebiyou:20210210235030j:plain

たまに、ちょっと微妙な相手と飲むこともある。

 

しかし、そんな時でもまだチャンスはあるのであきらめないでほしい。

 

 

エビ横には中央に男女のお手洗いがある。

 

飲んでいる際中にお手洗いに行くついでに他に良い人がいないかパトロールすればいい。

 

もしも、お手洗いに行くまでに見つからなかったら、入口か出口のどちらかに、電話をかけるフリをして外に出てみよう。

 

そんな風にあくまで自然にパトロールしていると、他の男性から声が掛かることがある。

 

もし声を掛けられたら、少しだけ話そう。

断然その人といる方が楽しかったら、一緒に来ている女友達も合流させよう。

 

まとめ 

 

以上が、私がこれまで恵比寿横丁に行く中で培った良い出会いをつかむための歩き方である。

 

楽しい出会いを求めている女性は、コロナが落ち着いたら一度は行ってみてほしい。

  

尚、女のプライドとして、2往復以上は絶対にしないようにしている。

 

もし1往復で良い出会いが無かった時は、そんな夜もあるさと、近くの猿田彦珈琲でコーヒーを飲んで、まっすぐ家に帰ろう。

 

 

女性なら無料でハイスぺに出会える
バチェラーデート
 

コロナ禍のエビ横レポはコチラ↓   

tsurezurebiyou.hatenablog.com

ハイスペ男性が好きならコチラ↓

tsurezurebiyou.hatenablog.com

 テラスハウス気分を味わいたいならコチラ↓ 

tsurezurebiyou.hatenablog.com 必ず出会いたいならコチラ↓

tsurezurebiyou.hatenablog.com