青山OLつれづれ美容

ETVOSお試しスターターキット
ETVOSファンデーション比較
f:id:tsurezurebiyou:20210225162120j:plain
ETVOSミネラルUVパウダー2021比較

【ブラシ派?パフ派?】エトヴォス ミネラルグロウスキンクッションの使い方

f:id:tsurezurebiyou:20210329114317j:plain

今回は、ETVOS(エトヴォス)の新作クッションファンデミネラルグロウスキンクッションの使い方について解説していきます!

ミネラルグロウスキンクッション

ミネラルグロウスキンクッションは、ツヤツヤの発光肌になれるクッションファンデーションです。 

tsurezurebiyou.hatenablog.com

ミネラルグロウスキンクッションの塗り方は2通り。

付属のパフで塗る方法と、ブラシで塗る方法です。

 

では早速、使い方を解説していきます!

 

【パフ•ブラシで塗る】ミネラルグロウスキンクッションの使い方

1、付属のパフで塗る方法

f:id:tsurezurebiyou:20210329114715j:plain

 

f:id:tsurezurebiyou:20210225204721p:plain

カバー力を高めたい時はミネラルインナートリートメントベースを下地に塗ってからスタートします。

手順1

付属のパフの13の量をとります。

f:id:tsurezurebiyou:20210321142204j:plain

手順2

両頬、おでこ、鼻、あごの5箇所に、パフでファンデーションを置きます。

クッションファンデをパフで塗る場合、最初に塗った面が多くつきます。

頬の広い面から置いていくのが、立体的に仕上がるコツです。

f:id:tsurezurebiyou:20210321142220j:plain

手順3

パフで叩き込むように伸ばします。

手順4

ムラにならないように、目のキワや小鼻などの細かい部分は、パフを折りたたんだ状態で馴染ませて完成です。

f:id:tsurezurebiyou:20210225204721p:plain

テカリやすい人は、おでこ〜鼻のTゾーンにだけ、仕上げのパウダー(ナイトミネラルファンデーション)を塗るのがオススメです。

パフで塗るメリットデメリット

パフで塗るメリット  ファンデーションがしっかり肌にのるので、気になる肌悩みをカバーできます。

 

パフで塗るデメリット  慣れるまでは量の調整が難しいですね。量が多すぎると、崩れやすくなるので注意です。

 

2、ブラシで塗る方法

f:id:tsurezurebiyou:20210329114736j:plain

今回は、ミネラルファンデーション スターターキットについてくるフェイスカブキブラシを使って塗っていきます。

 

f:id:tsurezurebiyou:20210225204721p:plain

カバー力を高めたい時はミネラルインナートリートメントベースを下地に塗ってからスタートします。

手順1

ブラシを1周まわし、ブラシ全体に均等にファンデーションをつけます。

f:id:tsurezurebiyou:20210329164012j:plain

手順2

両頬、おでこ、鼻、あごの5箇所に、ブラシでファンデーションを置きます。

f:id:tsurezurebiyou:20210321142220j:plain

手順3

ブラシをクルクルと動かし、毛穴に入れ込むように馴染ませます。

手順4

ムラにならないように、目のキワや小鼻などの細かい部分は指で馴染ませて完成です。

f:id:tsurezurebiyou:20210225204721p:plain

テカリやすい人は、おでこ〜鼻のTゾーンにだけ、仕上げのパウダー(ナイトミネラルファンデーション)を塗るのがオススメです。

ブラシで塗るメリットデメリット

ブラシで塗るメリット  パフよりも少量で済むので、薄づきのナチュラルな肌になります。

 

ブラシで塗るデメリット  パフに比べると、カバー力は若干弱くなります。

仕上がりの違い【パフVSブラシ】

f:id:tsurezurebiyou:20210331105907j:plain

パフで仕上げた肌がこちら。

f:id:tsurezurebiyou:20210328235100j:plain

ニキビ、色ムラ、毛穴がほとんどカバーできました。

肌の上に1枚の膜を張ったようなツルンとした質感です。

ブラシで仕上げた肌がこちら。

f:id:tsurezurebiyou:20210328235117j:plain

パフで塗るよりも、ブラシで塗った方がツヤが増しました。

全体的に薄づきで、素肌感を残したツヤ肌です。

5時間後の肌の変化【パフVSブラシ】

この日は気温20℃の中、マスクをして5時間、屋外で過ごしていました。

f:id:tsurezurebiyou:20210328223150j:plain

パフで仕上げた肌がこちら。

f:id:tsurezurebiyou:20210329121421j:plain

ツヤ感が増しても、鉄壁のカバー力!

鼻周りは少し皮脂が溜まりましたが、ティッシュで抑えると綺麗な状態に戻りました。

ブラシで仕上げた肌がこちら。

f:id:tsurezurebiyou:20210329121440j:plain

ツヤ感が増して、更に素肌感が強まりました。

肌悩みが少ない人なら、ブラシのカバー力でも十分だと思います。

まとめ

f:id:tsurezurebiyou:20210329123029j:plain

今回は、ミネラルグロウスキンクッションの使い方について解説していきました。

 

肌の完成度を上げたい時はパフ塗り肌の抜け感を出したい時はブラシ塗りの使い分けがオススメです。

 

色々なツヤ肌を楽しみましょうね♪

>>ミネラルグロウスキンクッション

 

エトヴォスの公式サイトはこちら