青山OLつれづれ美容

ミネラルファンデーションお試しセット比較
アテニアのアイクリーム口コミ
湘南美容外科シミ取り口コミ
湘南美容外科の顔脱毛口コミ
MENU

【徹底比較】ディファインVSアイコフレ全色レポ、口コミ

f:id:tsurezurebiyou:20210201181356j:plain

今回は、眼科で処方される定番のサークルレンズ「ワンデーアキュビューディファイン」と「シードアイコフレ」を徹底比較レポしていきます。

ディファインもアイコフレももパッと見た印象は似ているので、どちらが良いか悩む人も多いと思います。

 

f:id:tsurezurebiyou:20201219151154j:plain

ワンデーアキュビューディファインとシードアイコフレの違いって何?

どっちがオススメ?

口コミ比較レビューを知りたい!

 

といった方向けの記事です。

サークルレンズの色選びの参考に、ぜひご覧ください。

 

ディファイン&アイコフレ【全色レンズデザインMAP

2021年2月現在、ディファインは計7種類、アイコフレは計5種類発売されています。

ディファインとアイコフレを合わせた計12種類を、似た系統ごとに分けて並べてみました。

青字がディファイン、赤字がアイコフレです。

 

f:id:tsurezurebiyou:20210131141047j:plain

 

こうやって眺めると、一つ一つがまったく異なるデザインですね!

瞳に装着すると、どのように発色するのでしょうか?

詳しくレポしていきます。

 

カテゴリーごとに全色比較レポ【装着画像あり】

似た系統ごとに、大きく4つのカテゴリー(ブラック系、グレー系、濃いブラウン系、明るいブラウン系)に分けました。

「瞳に自然になじむ、つけているのがバレないレンズ」はどれか、1色ずつレポしていきます。

 

※装着した時に「どれくらい盛れるか」「裸眼との差はどれくらいあるか」分かりやすくするために画面向かってはレンズを装着、右は裸眼で比較しています。

 

1、ブラック系

f:id:tsurezurebiyou:20210131160842j:plain

f:id:tsurezurebiyou:20210131141124j:plain

ブラックの2種類を比較します。

ナチュラルメイク(アイコフレ)

着色直径13.0mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131213055j:plain

フチが格子状になっているので、瞳の輪郭の強調は控えめです。

中央に入っているグレーの色味が、瞳にグラデーションをつくり、自然に目が大きく見えます。

>>ナチュラルメイクを楽天で探す

アクセントスタイル(ディファイン)

着色直径12.5mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131213221j:plain

上のナチュラルメイクのようにフチに模様がない分、太いフチが瞳の輪郭をしっかりと強調して「黒目がちな目」になれます。

とにかく黒目を大きく見せたい!という人にオススメです。

>>アクセントスタイルを楽天で探す

 

自然でバレないのナチュラルメイク(アイコフレ)

f:id:tsurezurebiyou:20210201184000j:plain

「黒目を大きくみせたいけど、ナチュラルさも重視したい!」という人には、フチの印象が柔らかいナチュラルメイク(アイコフレ)がオススメです。

フチの模様やグラデーションがあることで、お人形っぽくなりすぎず、自然に黒目がちな目になれます。

>>ナチュラルメイクを楽天で探す 

2、グレー系

f:id:tsurezurebiyou:20210131162349j:plain

f:id:tsurezurebiyou:20210131141150j:plain

グレー系の3種類を比較します。

 

グレイスメイク(アイコフレ)

着色直径13.2mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131213336j:plain

3種類の中では1番、模様が華やかです。

繊細なレースのようなデザインが特徴的で、瞳のフチにレース模様がチラッと見えます。

>>グレイスメイクを楽天で探す

ラディアントチャーム(ディファイン)

着色直径12.7mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131213409j:plain

3種類の中では1番シンプルな模様です。

グレーのフチの中にある、ベージュのグラデーションが、瞳に奥行きと透明感を与えてくれます。

>>ラディアントチャームを楽天で探す

ナチュラルシャイン(ディファイン)

着色直径12.7mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131213740j:plain

オレンジブラウンの花びらのような模様が特徴的。

瞳に光が差し込んだような、明るさや透明感が出ます。

>>ナチュラルシャインを楽天で探す

 

自然でバレないのラディアントチャーム(ディファイン)

f:id:tsurezurebiyou:20210201184020j:plain

ラディアントチャームが、一番模様が少なくて普段使いしやすいレンズです。

グレーベースなので瞳を自然に強調してくれます。

ベージュのギザギザのラインのおかげで、のっぺりとせずに瞳に透明感と奥行きが出るのも嬉しいポイントです。

>>ラディアントチャームを楽天で探す

 

3、濃いめのブラウン系 

f:id:tsurezurebiyou:20210131163921j:plain

 

f:id:tsurezurebiyou:20210131141309j:plain

濃いブラウンの3種類を比較します。

ラディアントスウィート(ディファイン)

着色直径12.7mm 

f:id:tsurezurebiyou:20210131220630j:plain

フチの色がエスプレッソブラウンという名の通り、黒寄りのブラウンなので、この3商品の中では一番クッキリと輪郭を強調できます。

>>ラディアントスウィートを楽天で探す 

ヴィヴィッドスタイル(ディファイン)

着色直径12.8mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131220709j:plain

ブラウンの太いフチが瞳を大きく見せてくれます。

上のラディアントスタイルよりは淡いキャメルブラウンなので、柔らかい雰囲気になります。

>>ヴィヴィッドスタイルを楽天で探す 

リッチメイク(アイコフレ)

着色直径13.2mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131220722j:plain

3種類の中では一番、模様が華やかです。

赤みのある濃いブラウンベースに、レース模様が瞳のフチにチラッと見えて、瞳にキラめきを与えてくれます。

>>リッチメイクを楽天で探す

 

自然でバレないの…リッチメイク(アイコフレ)

f:id:tsurezurebiyou:20210201184035j:plain

リッチメイクは、フチが格子状になっているので、グラデーションのように淡くなっていくデザインが自然な印象でした。

>>リッチメイクを楽天で探す

 

4、明るめのブラウン系

f:id:tsurezurebiyou:20210131164541j:plain

 

f:id:tsurezurebiyou:20210131141353j:plain

明るいブラウンの4種類を比較します。

ラディアントシック(ディファイン)

着色直径:12.7mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131214201j:plain

ここ数年流行中の赤みのあるゴールデンブラウンです。

瞳のフチに、ほんのり赤みが見えて色っぽい印象になります。

>>ラディアントシックを楽天で探す

ベースメイク(アイコフレ)

着色直径:12.8mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131214212j:plain

上のラディアントシックよりはピンク寄りの発色です。

ピンクブラウンのような発色で、大人可愛い印象になります。

>>ベースメイクを楽天で探す 

ラディアントブライト(ディファイン)

着色直径:12.7mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131214232j:plain

ライトモカという黄色寄りのブラウンです。

つけた途端に瞳がパッと明るくなり、透明感も与えてくれます。

>>ラディアントブライトを楽天で探す 

ファーストメイク(アイコフレ)

着色直径:13.3mm

f:id:tsurezurebiyou:20210131214348j:plain

全体の中で一番薄いカラーです。

淡いベージュの色味で、瞳にじわっと滲んだようなグラデーションが生まれます。

>>ファーストメイクを楽天で探す

 

自然でバレないの…ファーストメイク(アイコフレ) 

f:id:tsurezurebiyou:20210201184051j:plain

ファーストメイクは、きちんと発色するか心配になる色の淡さでしたが、つけるとビックリ!

まさに瞳に馴染むとはこのことか。というくらい、自然なグラデーションが生まれました。

>>ファーストメイクを楽天で探す 

【ディファイン&アイコフレ】自然でバレない総合1位は??

自然でバレない総合1位はファーストメイク(アイコフレ)です!!

f:id:tsurezurebiyou:20210131221113j:plain

淡いベージュのグラデーションが瞳にグラデーションをつくり、裸眼かと思うくらい自然に馴染みます。

「ディファインがバレバレで嫌」という人や、「カラコンを卒業したい。でも裸眼は恥ずかしい。」という人に、一度試してみてほしいレンズです。

>>ファーストメイクを楽天で探す

 

着色直径で比較してみました

  デザイン 着色直径
アイコフレ ファーストメイク 13.3mm
アイコフレ リッチメイク 13.2mm
アイコフレ グレイスメイク 13.2mm
アイコフレ ナチュラルメイク 13.0mm
アイコフレ ベースメイク 12.8mm
ディファイン ヴィヴィッドスタイル 12.8mm
ディファイン ラディアントスウィート 12.7mm
ディファイン ラディアントブライト 12.7mm
ディファイン ナチュラルシャイン 12.7mm
ディファイン ラディアントチャーム 12.7mm
ディファイン ラディアントシック 12.7mm
ディファイン アクセントスタイル 12.5mm

 

着色直径で比較すると、一番大きいレンズが、ファーストメイク(アイコフレ)の13.2mmで、一番小さいレンズがアクセントスタイル(ディファイン)の12.5mmでした。

f:id:tsurezurebiyou:20210131171125j:plain

これまでは、「着色直径が大きい=不自然さが増す、人工的」といったイメージでした。

ですが、今回一番自然に馴染んだレンズがファーストメイクだったので、必ずしも、着色直径の小ささがナチュラルさに比例するわけではないんだな、と新たな発見がありました。

 

まとめ

f:id:tsurezurebiyou:20210131220027j:plain

ディファインとアイコフレの比較はいかがでしたでしょうか?

 

今回、ディファインとアイコフレをまとめて比較してみた所、全体的にディファインはフチがクッキリめが多く、アイコフレはフチがボンヤリしているタイプが多いことが分かりました。

 

なので、目力重視派の人にはディファインがオススメです。

反対に、サークルレンズをつけているのがバレたくない!というナチュラル派の人にはアイコフレが使いやすいと思います。

 

ディファインもアイコフレも、1つ1つが異なる魅力を持ったデザインなので、ぜひ場面に合わせて使い分けてみてください。

 

今は1箱10枚入りのレンズも販売されているので、気軽にお試しできますよ。

 

この記事が皆さんのカラコン、サークルレンズ選びの参考になれば嬉しいです!

 

 

▼ディファイン1箱なら、こちらが最安です

▼ディファイン2箱以上買うなら、こちらが最安です

▼▼アイコフレはこちらが最安です。