青山OLつれづれ美容

ミネラルファンデーションお試しセット比較
アテニアのアイクリーム口コミ
湘南美容外科シミ取り口コミ
湘南美容外科の顔脱毛口コミ
MENU

【色選び】フーミーのキニシーラーはどっちがオススメ?塗り比べてみた。

今回は、イガリシノブさんプロデュースのWHOMEE(フーミー)「キニシーラー」をレビューします。

 

キニシーラーは、2つの色と質感が入ったコンシーラーパレット。

 

f:id:tsurezurebiyou:20211010231936j:plain

「ライトイエローとナチュラルオレンジの違いは?」

「キニシーラーの色選びのコツは?」

「オススメの使い方は?」

詳しくレポします!

>>WHOMEEキニシーラー

WHOMEEフーミー「キニシーラー」を口コミ

出典:WHOMEE

【キニシーラー】ライトイエローとナチュラルオレンジの違いは?

キニシーラーは「ライトイエロー」と「ナチュラルオレンジ」の2色展開。

左のオレンジは、どちらも同じ色が入っています。

 

ライトイエローは、まろやかなクリームイエロー。

ナチュラルオレンジは、ほんのりピンクがかったベージュです。

 

質感は、どちらも左側のオレンジが柔らかめ。

右側のイエローとベージュは硬めのテクスチャーです。

>>WHOMEEキニシーラー色一覧

【使い方】キニシーラーのヨレないコツは量は少なめ!

ライトイエロー、ナチュラルオレンジそれぞれを同じ塗り方で塗ってみました。

  1. 目の下のくまに、オレンジを塗り、上からイエローorベージュを重ねる
  2. まぶたにイエローorベージュを重ねる
  3. 小鼻の赤みにイエローorベージュを塗る
  4. 頬のニキビ跡やシミに、イエローorベージュを塗る

 

青クマも茶クマも、オレンジだけでかなりカバーできますね!

 

イエローとベージュは、明るく見せたい箇所、赤み、シミに使用しました。

硬めの質感なので、柔らかいオレンジの上に重ねるとヨレにくくなる効果も。

 

キニシーラーを使う1番のコツは、塗る量を少なめにすること。

 

柔らかいオレンジは塗り過ぎるとヨレる原因に。

硬めのイエローとベージュは塗り過ぎると、乾燥の原因になります。

 

どの色も人差し指やブラシに軽くつける程度の量でOKです。

>>WHOMEEキニシーラーを見る

【比較】WHOMEEキニシーラー2色を実際に塗り比べてみました

キニシーラーの「ライトイエロー」と「ナチュラルオレンジ」を半顔ずつ塗り比べてみました。

Before

クマ、頬のニキビ跡、小鼻の赤みが気になるブルべ肌
After

どちらも色補正効果が高く、かなり印象が変わりますね!

 

左のライトイエローは、黄みが足されて、肌の明るさアップ。

右のナチュラルオレンジは、ピンクみが足されて均一な肌になりました。

>>WHOMEEキニシーラー

ライトイエローを塗った肌

ライトイエローは、肌に黄みが足されて1トーン明るく見えました!

ライトイエロー

特に目周りは、オレンジの上にイエローを重ねることで、パッと明るくなります!

 

ハイライトを塗る必要がないくらい、コンシーラーの段階で立体感をつくれるので、「コンシーラー+お粉」などの軽めのメイクもキマります。

 

ライトイエローは、赤みのカバーや明るさ重視の人にオススメです。

>>ライトイエローを見る

ナチュラルオレンジを塗った肌

ナチュラルオレンジは、肌にピンクみが足されて均一な肌に!

ナチュラルオレンジ

肌のくすみやシミ、暗めのクマには、こちらのナチュラルオレンジの方がカバー力を感じました。

 

肌を均一に見せてくれるので、そばかすなどカバーしたい範囲が多い人に使いやすいですね。

 

ナチュラルオレンジは、肌を均一に見せたり、広範囲のカバー力重視の人にオススメです。

>>ナチュラルオレンジを見る

【どっちがオススメ?】フーミーのキニシーラー色選びのコツ

今回は、フーミー「キニシーラー」の色比較をしてみました。

 

ライトイエローがオススメな人
  • 目周りを明るく見せたい人
  • 赤みをカバーしたい人
  • コンシーラーの段階で立体感を作りたい人
ナチュラルオレンジがオススメな人
  • クマが目立ちやすい人
  • くすみやシミなどカバーしたい箇所が多めな人
  • 肌を均一に見せたい人

 

ぜひチェックしてみてくださいね!

>>WHOMEEキニシーラーはこちら