青山OLつれづれ美容

ミネラルファンデーションお試しセット比較
アテニアのアイクリーム口コミ
湘南美容外科シミ取り口コミ
湘南美容外科の顔脱毛口コミ
MENU

チャコットのコンシーラーで涙袋は作れるのか?試してみた。口コミ

SNSで涙袋メイクに使える!と評判のChacott(チャコット)のクレヨンコンシーラー。

 

f:id:tsurezurebiyou:20211010231936j:plain

人気の190ライトオークルで、本当に涙袋はつくれるの??

 

涙袋がまったく無い筆者が、実際に使ってレポします!

>>チャコット「クレヨンコンシーラー」

 

チャコット「クレヨンコンシーラー」を口コミ

出典:Chacott

3色の違いは?チャコットのコンシーラーを比較

チャコットのクレヨンコンシーラーは全3色展開。

190ライトオークルはトーンアップ。

191ナチュラルは中間カラー。

192オークルはオレンジみのある落ち着いた色味です。

 

私の肌の場合、190と191が使いやすく、192だとトーンダウンしすぎました。

 

クリームタイプだと伸びが良いぶん多少暗くても使えるのですが、クレヨンタイプだとピンポイントに乗るので、肌色とかなり離れた色だと馴染みにくかったです。

 

では、早速塗ってみます!

>>チャコット「クレヨンコンシーラー」色一覧

チャコットのコンシーラーで涙袋は作れるのか?試してみました!

まずは、涙袋に190ライトオークルを塗ってみました。

おおおおお!!!!

何もしていない目元は涙袋が皆無ですが、190を塗った目元は涙袋がぷっくりできています!!

 

しかも、かなりナチュラルな仕上がり!

ラメやパールは入っていないマットな質感なので、馴染みやすいですね。

アイライナーは使わず、コンシーラーのみで仕上げています。

涙袋の下にアイライナーで影を引くと、涙袋がさらに強調されますが、大人の涙袋メイクにはコンシーラーだけの方が自然ですね!

 

ちなみに190はハイライトとしても使えるので、眉の下や鼻筋に塗るのもオススメです。

 

ハイライトと言っても、ツヤ感はないのでナチュラルめの仕上がりに。

ツヤ感を出したい人には物足りないかな??

白い点線は190、黄色い点線は191を塗りました

中間色の191ナチュラルは、クマと小鼻の赤みに塗っています。

赤みもピタッと隠せました!

クリームタイプに比べると肌の乾燥が目立ちやすいので、使う前はスキンケアと下地で保湿しておくと仕上がりがキレイに!

 

チャコットは舞台のメイクのブランドなだけあって、ピタッと密着し、時間が経ってもヨレにくいのが良かったです。

 

まとめ:チャコットのコンシーラー190は大人の涙袋メイクにオススメ!

今回はチャコットのクレヨンコンシーラーで涙袋メイクを試してみました。

 

キラキラの涙袋メイクは似合わない…というナチュラル志向の人にオススメです!

 

190のライトオークルは人気過ぎて欠品が続いているようですが、タイミングによっては、チャコットの公式オンラインで購入できるようです!

 

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

>>チャコット「クレヨンコンシーラー」色一覧